VMSTATのメモ

たまに使うので使い方のメモ。

コマンド

[root@localhost ~]# vmstat 2
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu------
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
 0  0      0 683760  17664 187008    0    0   235    45 1030  147  1  7 89  3  0
 0  0      0 683760  17664 187008    0    0     0     0 1007   82  0  0 100  0  0
 0  0      0 683760  17672 187008    0    0     0   124 1007   86  0  2 94  5  0

メモリをMbyteで表示する場合。

[root@localhost ~]# vmstat -S M 2
procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu------
 r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
 0  0      0    667     17    182    0    0   245    47 1030  148  1  7 88  3  0
 0  0      0    667     17    182    0    0     0    16 1020   95  0  2 96  3  0
 0  0      0    667     17    182    0    0     0     0 1012  297  1 10 90  0  0

時間を表示させる場合。

[root@localhost ~]# vmstat -S M 2 | awk '{print strftime("%y/%m/%d %H:%M:%S"), $0}'
13/11/15 21:08:44 procs -----------memory---------- ---swap-- -----io---- --system-- -----cpu------
13/11/15 21:08:44  r  b   swpd   free   buff  cache   si   so    bi    bo   in   cs us sy id wa st
13/11/15 21:08:44  1  0      0    667     17    182    0    0   218    44 1030  145  1  7 89  3  0
13/11/15 21:08:46  0  0      0    667     17    182    0    0     0   126 1003   92  0  1 96  3  0
13/11/15 21:08:48  0  0      0    667     17    182    0    0     0     0  969   85  0  1 99  0  0

procs:
r CPU へのアクセスを待っているプロセスの数
b 入出力待ちでスリープ状態にされているプロセス数

b の値が定常的に多くなると、ディスク性能の問題の可能性があるためよろしくない。

memory:
swpd 仮想メモリ量
free 空きメモリ量
buff バッファに使用されているメモリ量
cache ページキャッシュとして使用されているメモリ量

swap:
si ディスクからスワップインしたディスクメモリの量
so ディスクにスワップアウトしたディスクメモリの量
物理メモリが足りていれば、これらの数値はあまり上がらない.
swapの値が定常的に高い場合は、物理メモリが不足している可能性がある。

io:
bi ブロックデバイスから受け取ったブロック (blocks/sec)
bo ブロックデバイスに送られたブロック (blocks/sec)
大きなファイルの移動(コピー、ダウンロードなど)や、多くのデータをデータベースから読む込むときは、大きく数字が上がる。

system:
in 毎秒の割り込み回数
cs 毎秒のコンテキストスイッチの回数

cpu
us ユーザーが使用したCPUの割合(%)
sy システムが使用したCPUの割合(%)
id CPUのアイドル(%)
wa IOの待ち時間
id(空き) = us(ユーザー利用) + sy(システム利用)

CPUで%Idleが80%以上あっても良しと思わない。
最近のサーバはたいていマルチコアなのでTOPコマンドで確認する。
VMSTATはprocsとswapをみる。
swapは0になっていることを目指す。なっていなければメモリを増やすか、
アプリの作りを検討すべし。

vmstatの見方と考え方
http://piro791.blog.so-net.ne.jp/2008-10-02

以上

関連する投稿:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください